雨漏り、屋根、屋根リフォーム工事

  • HOME > 
  • 屋根 > 
  • 屋根工事・屋根リフォームの工事の流れ

屋根工事・屋根リフォームの工事の流れ

日本瓦・セメント瓦からLIXILリクシルTルーフ

平板スレート屋根からSHINTOかわらS

日本瓦・セメント瓦>SHINTOかわらの場合古い瓦を下ろし、下地を作り直して葺き重ねます。

1,施工前の屋根

日本瓦屋根の場合は、下地から調整しなおします。
下地の状態により、施工内容も変わってきます。

2,古い瓦を下ろします

古い日本瓦や下地の土、しっくいなども、すべて取り除き、下地の状態を確認します。

3,コンパネを貼ります

屋根全体にコンパネ(厚手の合板)を貼ります。

4,アスファルトルーフィングを敷きます

コンパネの上に防水用のアスファルトルーフィングを敷きます。

5,SHINTOかわらを1枚づつ固定していきます

釘で固定します。施工はスムーズです。

屋根工事の仕上がりへ
6,風格ある仕上がり

LIXIL T・ルーフは1枚1枚下地に固定します。
役物部材も豊富ですから、風格ある仕上がりです。

▲ページのトップへ

日本瓦・セメント瓦SHINTOかわら

平板スレート屋根SHINTOかわら

平板ストレート屋根>SHINTOかわらの場合古い屋根をはがさず、そのまま葺き重ねるカバー工法で安心リフォーム。(カバー工法はリフォーム25万棟の施工実績に裏付けられた、セキスイの安心工法です)

1,施工前の平板ストレート屋根

古い平板スレート瓦をはがさずに、上からSHINTOかわらを葺き重ねます。 快速・安心工程の秘けつです。

2,アスファルトルーフィングを敷きます

下地の状態にかかわらず、防水対策を万全にするために、アスファルトルーフィングを古い平板スレート瓦の上に敷きます。

3,直打ち工法

下地の強さが充分ある場合は、下地調整は不要です。

3,横桟工法(縦桟工法による場合もあります)

下地の強さが不充分な場合は、桟木を固定します。

4,SHINTOかわらを1枚づつ固定していきます

釘で固定します。施工はスムーズです。

カバー工法のポイント
屋根断面イメージ

古い屋根材をはがさず、アスファルトルーフィングを敷きつめ、屋根全体をしっかりカバー。その上にSHINTOかわらを固定します。

雨漏り修理、屋根、屋根リフォーム工事の見切り線
5,風格ある仕上がり

古い瓦を撤去せずに施工するので、廃棄物を低減。
環境に負荷をかけない、環境に優しい工法です。

▲ページのトップへ

日本瓦・セメント瓦SHINTOかわら

平板スレート屋根SHINTOかわら

お問い合わせはこちらへ 無料見積:お問い合わせはこちら
  • 屋根
  • キッチン/フロ/洗面/トイレ
  • 屋根塗替え
  • 断熱(エコ)
  • 小規模工事
  • イノバンについて
  • 安心が見える宣言10ヶ条
  • Tポイント
  • LIXIL
  • クボタ松下電工外装
  • TOTO
  • パナソニック電工
  • トータルリフォームネット